フレッツ光のどーんと割とは?特典内容と加入条件、解約金について解説 | フレッツ光代理店 キャッシュバックキャンペーン比較|損しない!

フレッツ光のどーんと割とは?特典内容と加入条件、解約金について解説

どーんと割とは、NTT西日本が実施している公式キャンペーンです。二年間の加入を条件に、一定額の料金割引が受けられます。戸建ての方にとっては、Web光もっともっと割よりもお得になります。また、マンションタイプの方は申し込みができません。フレッツ光の「どーんと割」は、フレッツが提供するあらゆるキャンペーンの中でも特に魅力的で、インパクトに恵まれているかもしれません。「どーんと」という名前からも、何だかすごいキャンペーン内容を期待できそうですね。
さて、それでは「どーんと割」の実際のキャンペーン内容は、一体どんなものなのでしょうか。

特典内容

まずは特典内容ですが「どーんと割」に加入した際の割引額は、次のようになります。

戸建の場合は、月額利用料が5,670円から3,790円へと割引(1.2年目)→2年間で最大45,108円お得となります。
集合住宅の場合は、月額利用料が3,885円から3,076円へと割引(1.2年目)→2年間で最大808円お得です。

どちらかというと、戸建にお住まいの方により有利になっています。ただ、月額利用料は集合住宅の方が安くなるので、それを視野に入れれば大差はないかもしれません。

加入条件

次に加入条件ですが「どーんと割」に加入するには、いくつかの条件を満たしていなければなりません。

  • 「どーんと割」の割引対象サービスに加え、 「光もっともっと割」に新規加入であること。
  • 2013年10月1日から2014年1月31日までに加入すること。

この二つが、「どーんと割」に加入するための条件です。

「光もっともっと割」に加え、フレッツ光ネクスト、あるいはフレッツ・光プレミアム内の、いずれかのサービスに新規で加入する必要があります。既に加入している方には適用されないようです。

また、申し込むには期限が存在します。2014年の1月31日には締め切られてしまうので、契約をしたい方はお急ぎください。

解約金

そして解約金についてですが「どーんと割」を途中解約すると、解約金が発生するのでご注意ください。最大で31,500円の解約金を請求される場合があります。解約金の内容は、集合住宅より戸建にお住まいの方の方が高額になっています。

ただし、契約満了年である10年目には、解約をしても解約金を請求されることがありません。10年間は長いですが、気を大らかにして付き合っていきたいキャンペーンのようです。